home > 国民年金・厚生年金保険障害認定基準について > 第3 障害認定に当たっての基準 > 関節可動域表示ならびに測定法/上肢測定

関節可動域表示ならびに測定法

U.上肢測定

部位名

運動方向

参考可動域角度

基本軸

移動軸

測定肢位および注意点

参考図

肩甲帯

Shoulder girdle

屈曲

flexion

20

両側の肩峰を結ぶ線

頭頂と肩峰を結ぶ線

 

画像5

伸展

extension

20

挙上

elevation

20

両側の肩峰を結ぶ線

肩峰と胸骨上縁を結ぶ線

背面から測定する

画像6

引き下げ

(下制)

depression

10

shoulder

(肩甲帯の動きを含む)

屈曲(前方挙上)

forward

flexion

180

肩峰を通る床への垂直線(立位または座位)

上腕骨

前腕は中間位とする。

体幹が動かないように固定する。

脊柱が前後屈しないように注意する。

画像7

伸展(後方挙上)

backward

extension

50

外転(側方挙上)

abduction

180

肩峰を通る床への垂直線(立位または座位)

上腕骨

体幹の側屈が起こらないように90°以上になったら前腕を回外することを原則とする。

画像8
[Y.その他の検査法]参照

画像9

内転

adduction

 0

外旋

external

rotation

60

肘を通る前額面への垂直線

尺骨

上腕を体幹に接して,肘関節を前方90°に屈曲した肢位で行う。

前腕は中間位とする。

画像10
[Y.その他の検査法]参照

画像11

内旋

internal

rotation

80

水平屈曲

horizontal

flexion

(horizontal

(adduction)

135

肩峰を通る矢状面への垂直線

上腕骨

肩関節を90°外転位とする。

画像12

水平伸展

horizontal

extension

(horizontal

(abduction)

30

elbow

屈曲

flexion

145

上腕骨

橈骨

前腕は回外位とする。

画像13

伸展

extension

 5

前腕

forearm

回内

pronation

90

上腕骨

手指を伸展した手掌面

肩の回旋が入らないように肘を90°に屈曲する。

画像14

回外

supination

90

wrist

屈曲(掌屈)

flexion

(palmar-

flexion)

90

橈骨

第2中手骨

前腕は中間位とする。

画像15

伸展(背屈)

extension

(dorsiflexion)

70

橈屈

radial

deviation

25

前腕の中央線

第3中手骨

前腕を回内位で行う。

画像16

尺屈

ulnar

deviation

55