home > 国民年金・厚生年金保険障害認定基準について > 第3 障害認定に当たっての基準 > 関節可動域表示ならびに測定法/下肢測定

関節可動域表示ならびに測定法

W.下肢測定

部位名

運動方向

参考可動域角度

基本軸

移動軸

測定肢位および注意点

参考図

hip

屈曲

flexion

125

体幹と平行な線

大腿骨

(大転子と大腿骨外顆の中心を結ぶ線)

骨盤と脊柱を十分に固定する。

屈曲は背臥位,膝屈曲位で行う。

伸展は腹臥位,膝伸展位で行う。

画像27

伸展

extension

15

外転

abduction

45

両側の上前腸骨棘を結ぶ線への垂直線

大腿中央線(上前腸骨棘より膝蓋骨中心を結ぶ線)

背臥位で骨盤を固定する。

下肢は外旋しないようにする。

内転の場合は,反対側の下肢を屈曲挙上してその下を通して内転させる。

画像28

内転

adduction

20

外旋

external

rotation

45

膝蓋骨より下ろした垂直線

下腿中央線(膝蓋骨中心より足関節内外果中央を結ぶ線)

背臥位で,股関節と膝関節を90°屈曲位にして行う。

骨盤の代償を少なくする。

画像29

内旋

internal

rotation

45

knee

屈曲

flexion

130

大腿骨

腓骨(腓骨頭と外果を結ぶ線)

屈曲は股関節を屈曲位で行う。

画像30

伸展

extension

 0

ank1e

屈曲(底屈)

flexion

(plantar

flexion)

45

腓骨への垂直線

第5中足骨

膝関節を屈曲位で行う。

画像31

伸展(背屈)

extension

(dorsiflexion)

20

足部

foot

外がえし

eversion

20

下腿軸への垂直線

足底面

膝関節を屈曲位で行う。

画像32

内がえし

inversion

30

外転

abduction

10

第1,第2中足骨の間の中央線

同左

足底で足の外縁または内縁で行うこともある。

画像33

内転

adduction

20

母指(趾)

great

toe

屈曲(MTP)

flexion

35

第1中足骨

第1基節骨

 

画像34

伸展(MTP)

extension

60

屈曲(IP)

flexion

60

第1基節骨

第1末節骨

画像35

伸展(IP)

extension

 0

足指

toes

屈曲(MTP)

flexion

35

第2?5中足骨

第2?5基節骨

 

画像36

伸展(MTP)

extension

40

屈曲(PIP)

flexion

35

第2?5基節骨

第2?5中節骨

画像37

伸展(PIP)

extension

 0

屈曲(DIP)

flexion

50

第2?5中節骨

第2?5末節骨

画像38

伸展(DIP)

extension

 0