home > 国民年金・厚生年金保険障害認定基準について > 第3 障害認定に当たっての基準 > 関節可動域表示ならびに測定法/関節可動域参考値一覧表

関節可動域表示ならびに測定法

(附) 関節可動域参考値一覧表

 関節可動域は,人種,性別,年齢等による個人差も大きい。また,検査肢位等により変化があるので,ここに参考値の一覧表を付した。

部位名及び運動方向

注1

注2

注3

注4

注5

 屈曲

 伸展

 外転

 内転

 内旋

     肩外転90°

 外旋

     肩外転90°

 屈曲

 伸展

前腕

 回内

 回外

 伸展

 屈曲

 尺屈

 橈屈

130 

80 

180 

45 

90 

40 

 

150 

0 

50 

90 

90 

30 

15 

150 

40 

150 

30 

40 

90 

 

150 

0 

80 

80 

60 

70 

30 

20 

170 

30 

170 

60 

80 

 

135 

0 

75 

85 

65 

70 

40 

20 

180 

60 

180 

75 

80 

70 

60 

90 

150 

0 

80 

80 

70 

80 

30 

20 

173 

72 

184 

0 

81 

103 

146 

4 

87 

93 

80 

86 

母指

 外転(橈側)

 屈曲

  CM

  MCP

  IP

 伸展

  CM

  MCP

  IP

 屈曲

  MCP

  PIP

  DIP

 伸展

  MCP

  PIP

  DIP

50 

 

50 

90 

 

10 

10 

 

 

 

90 

45 

 

 

 

60 

80 

 

 

 

 

 

90 

100 

70 

55 

 

50 

75 

 

5 

20 

 

90 

100 

70 

70 

15 

50 

80 

20 

0 

20 

 

90 

100 

90 

45 

0 

0 

 

 屈曲

 伸展

 外転

 内転

 内旋

 外旋

 屈曲

 伸展

 伸展(背屈)

 屈曲(底屈)

120 

20 

55 

45 

 

 

145 

10 

15 

50 

100 

30 

40 

20 

 

 

120 

 

20 

40 

110 

30 

50 

30 

 

 

135 

 

15 

50 

120 

30 

45 

30 

45 

45 

135 

10 

20 

50 

132 

15 

46 

23 

38 

46 

154 

0 

26 

57 

母指(趾)

 屈曲

  MTP

  IP

 伸展

  MTP

  IP

足指

 屈曲

  MTP

  PIP

  DIP

 伸展

  MTP

  PIP

  DIP

 

 

30 

30 

50 

0 

 

30 

40 

50 

 

35 

 

70 

 

45 

90 

70 

0 

 

40 

35 

60 

 

頸部

 屈曲

 伸展

 側屈

 回旋

胸腰部

 屈曲

 伸展

 側屈

 回旋

 

30 

30 

40 

30 

90 

30 

20 

30 

 

45 

45 

45 

60 

80 

20?30 

35 

45 

 

注:1.A System of Joint Measurements, William A, Clark, Mayo Clinic, 1920.

  2.The Committee on Medical Rating of Physical Impairment, Journal of American Medical Association, 1958.

  3.The Committee of the California Medical Association and Industrial Acctdent Commission of the State of California,1960.

  4.The Committee on Joint Motion, American Academy of Orthopaedic Surgeons, 1965.

  5.渡辺英夫・他:健康日本人における四肢関節可動域について。年齢による変化。日整会誌 53:275?291,1979.

  なお,5の渡辺らによる日本人の可動域は,10歳以上80歳未満の平均値をとったものである。